ラーメン屋

【回答事例】

営業改革コンサルタント 鬼頭秀彰氏の回答

最初の3年間は試行錯誤の連続です。看板やメニューの見直し、店員教育など、やるべきことはたくさんあります。いかに勉強し続けるか、日々いかに改善に力を注ぐか、そこが勝負であり、“本当のお客様”は店主のそうした姿勢をきちんと見ているものです。さて現状を脱するために、店主が店に出なくても回る状態を理想とするなら、そのためにアルバイトを、たとえば時給900円、14h、で雇おうとすると一日12,600円。この人件費を賄うためには平均客単価800円、原価率30%とした場合、およそ1日平均20人超の増客が必要となります。この数字を可能と思われるかどうかです。まずはこの半分でも良いはずです。これがクリア出来れば、その先は大きく変わってくるでしょう。

kito_hideaki

税理士 宮下宗久氏の回答

解決ポイントは2点、①家賃を安くする。②労働時間を短くする。だと思います。②については、1杯のラーメンから得られる利益には限界があるでしょうから、客の回転率を上げる必要があります。客入りの少ない時間帯は捨て、混む時間帯、例えば、18時~24時に限定して営業するといった策が考えられます。昼の時間帯を捨てるのはもったいないのであれば、誰かに貸すことはできないでしょうか。私は、昼は息子がパスタ店、夜は親父が居酒屋を同じお店で営業している例を知っています。家賃収入が入れば、①についても解決できます。

 miyashita_munehisa

起業メンター 山地伸幸氏の回答

一生懸命働いても利益が残らない。⇒モチベーションが下がる⇒さらに売上が下がる。という悪循環が起きています。解決には大きく分けて2つの方法があります。①場所が良くてお客様が入るのなら単価を高くして売上増を狙う。②ラーメンの味に自信があるのなら、賃料の安い場所に移して経費削減をする。どの道をとるにしても気力がある内に決断することが重要。疲れが溜まると気力が無くなり、惰性で仕事をしてしまうことになります。

yamachi_nobuyuki

ITアドバイザー 木村宏之氏の回答

立地から考えると14坪は広すぎる印象です。加えて営業時間も長すぎます。現状では、客入りのいい時間帯に営業を集中し、客の少ない時間帯に「居眠り休憩」を入れてはいかがでしょう。

kimura_hiroyuki

店舗・オフィス収納アドバイザー 長柴美恵氏の回答

改善するとはいえ、変えられることと変えられないことがあると思います。ですので、たとえば、「賃料の安い店舗に変える」「一人で賄える小さい店舗に移る」「営業時間を短くする」「完全に人に任せる」など現状の課題を並べたうえで、消去法で考えてみてはどうでしょうか?

nagashiba_mie

行政書士 猪股真氏の回答

このようなケースでは私たちアドバイザーが現場を見て、その場で改善案をブレイン・ストーミング式に提案することができます。その中からご本人が出来ることをひとつずつ進めてはいかがでしょうか。

inomata_makoto

人間力ナビゲーター 横山岳史氏の回答

まずは、休憩時間をちゃんと取られてはいかがでしょう? 体と心を休ませることで、考えるゆとりが出てくれば、打開策が見えてくるかもしれません。その休憩時間を活用し、販売アイテムのベスト3・ワースト3などを列挙し、押す商品と取り下げる商品などの整理をしてみるのもひとつの手です。

yokoyama_takefumi