nouka

【回答事例】

営業改革コンサルタント 鬼頭秀彰氏の回答

「道の駅」販売は、物流経費や包装経費をかけずに販売出来る強みがあります。ほかへ出すとなると、そのへんが違ってきますので注意が必要です。まずは、いわゆる量稽古。自治体や商工会、JAなどの協力を仰ぎながら、イベントや物産展などにできるだけ出店し、たくさんの顧客の反応を肌で得ることと、人脈の拡大に努めて下さい。そういうところから道が拓けていくものです。それと他地域での成功事例を研究することも大事です。

kito_hideaki

税理士 宮下宗久氏の回答

自治体には、地元産品を使った商品開発、販売拡大を応援する部署があり、資金援助の他、アドバイザーの派遣やマーケティングの助言、協力会社の紹介などを行っています。金融機関にも同様な活動はありますので、問い合わせてみてください。私の地元の自治体にも応援する制度はあるものの、利用者が手を挙げてくれなくて、予算を消化できずに困っている状況です。自治体も金融機関もやる気のある事業者を待っていると思います。

miyashita_munehisa

起業メンター 山地伸幸氏の回答

まずは地元または近隣での販売をおすすめします。ネット販売を考えるのは地元での販売実績出来てから。営業先としては、パン屋、レストラン、ホテル、デパートがあります。また、それらと共同企画でオリジナルジャムを作るという方法もあります。

yamachi_nobuyuki

販売拡大コーディネーター 秋山政由氏の回答

ネット販売や小売店への卸売が考えられますが、その前に、商品の知名度を上げる取り組みも必要。ジャムのコンテスト出品する、あるいは、雑誌などのメディアに記事として取り上げてくれるよう依頼するなどに取り組んでみてください。

akiyama_masayoshi

ITアドバイザー 木村宏之氏の回答

比較的近いところにある、他の「道の駅」での販売を考えてみましょう。もちろん、相手の道の駅で販売している商品を、こちらでも取り扱うことが前提です。相互支援販売ですね。

kimura_hiroyuki

店舗・オフィス収納アドバイザー 長柴美恵氏の回答

ネット販売、紙媒体通信販売、手造りパン屋さんへの卸売などが考えられます。ただし、ネット販売も紙媒体通販も経験がない場合、売り上げを上げるのは簡単ではなく、経費ばかりがかかり、利益が取れませんので、しっかり学ばれてから始めてください。コストと手間で考えると、卸売を広げる方がよいかもしれません。

nagashiba_mie

行政書士 猪股 真氏の回答

もしネット通販を考えるなら、マーケティング全体を最適化する必要があります。「あまちゃん」のように地域とウニの宣伝が成立していればそのままネットに載せられますが、商品や地域の認知が確立していなければ、認知確立も営業に含まれてくるので、かなりのやる気が必要です。この場合、ナシ、リンゴ、トマト、ブルーベリーは、個々にプロデュースしないとうまくいきません。よく土産物売り場で、同じような容器に同じようなラベルを貼って販売しているものを見かけますが、買おうと思わないでしょ?

inomata_makoto

人間力ナビゲーター 横山岳史氏の回答

1.アンテナショップへの陳列、2.物産展などへの出店、3.独自通販サイトによる販売、4.FB等を利用した販売、5.ベーカリーやデザート店への卸売。私は、5のお店への卸売が良いのと思います。また、ジャムを卸すだけでなく、パンやデザートの材料として使って頂き、コラボ商品として売ってみては如何でしょう? お店に「○○さんのジャム」と謳って頂き、通販サイト等のチラシやカードなども配れれば、新しいファンの獲得につながるかもしれません。

yokoyama_takefumi